やー今日はよく飲んだ。久しぶりに痛飲、と思ったけどこのあいだの日曜日もかなり酔っぱらってたな。記憶があいまい。やっと今週の仕事が全部終わってうれしいかぎり。

本当にしんどかったし忙しすぎると何もかもがいつも通りうまくいくわけではないので、かなりもどかしい思いもして悲しくてもう帰りたいなっていう日もあった。自分の失敗なら自分で反省すればいいんだけど、自分では決定できないことで悔しい思いするのはどうしたらいいかわからなくてしんどい。その都度話をしてその時点では解決されたみたいになっても、同じことを繰り返されたら意味がない。

個人プレーとチームワークのどちらもが試される仕事なのでそう簡単に全部がハマるわけないんだけど、なんかもうちょっと想像すればわかるのでは?と思ってしまうことがたくさんある。それとも求めすぎなのかな。忙しいはお客さんにとってはなんの言い訳にもならないし、できる限りのサービスをすることを諦めたり見て見ぬ振りしてはダメでしょ。わたくしたち、そういうことをするプロなんじゃないですか?現場にいる人がいくら頑張っても司令塔がそれを潰してたらなんのために頑張ってるかわからなくなる。お客さんと築いてきた信頼関係や積み重ねてきた時間をなんだと思ってるんだろう。たった一回の失敗でもう二度と来なくなる人がいることを忘れないでほしい。自分の存在を踏みにじられたと感じたお客さんの心を取り戻すのは本当に難しい。忙しいときに必死になって駆けずりまわってそれでも平常心で笑っているときの百億倍骨が折れる。

だーーーーー長い。まあそんなこと言ってもしょうがないもんね。悔しいけど。元気でやっていくしかとりあえずの解決方法はない。もうやめてしまったチーママのことを思い出す。死ぬほど大変だったんだろうな。今になって感じる。失敗のフォローが追いついてない。わたしにはそんな役職も何もないから、とか言ってないでもっとやっていったら多少は楽になるのかな。でも役職がないと何もついてこない気もする。それとも怖いだけか。何も背負わずにやっていくのが賢いのかもしれないけどここまできたらそうもいかなくなってくる。

深夜の愚痴だな。リリィズ聴いて気持ちよく寝よ。

「だけど夢はカリフォルニア、雨降りの今夜、うまくいかないよ」